CSR活動

上除保育園様に文化レンジャー参上

9月4日(月)上除保育園【1回目】(園児約90名)

 

秋のシーズン最初の交通安全指導として上除保育園様にお邪魔させて頂きました。

上除保育園様は今回が初めての「文化レンジャー」でした!

内容は『歩行者用信号の有る横断歩道の渡り方』と『車の周りにある死角』についてお話しをさせて頂きました。

 

初の文化レンジャーだったので子供たちが怖がったりしないかリアクションが心配でしたが、

いざ始まってみると怖がる園児はほとんどおらず、皆さん真剣に聞いてくれました。

交通安全指導も無事終了し、後片付けをして帰る時に園児たちが窓から手を振りながら

「文化レンジャー!文化レンジャー!」と声をかけてくれました。

あんな風に喜んでもらえてとても嬉しかったです!

 

 

 

 

 

 

次回の「文化レンジャー」の交通安全指導は10月に3件予定しています。

今回、伺わせて頂いた幼稚(保育)園様の園児さん達の無事故を願いながら、報告を終了させて頂きます。

 

長岡工業高等専門学校

 

【交通安全講話 H29年度前期】

 

 4月6日(木)に『長岡高専(講義室)』にて、交通安全講話【4回目】(50分)を行いました。

 対象者は、バイクや自動車で春から通学予定の主に新入生(72名)です。 毎年の事ですが、この講話を受講した生徒のみに通学許可がおりると言う責任ある講話ですので、今回も緊張感を持ちながら講話を行いました。 講話の内容としましては、【二輪と四輪の交通事故防止】①交通事故発生状況(平成28年中) ②交通事故の特徴 ③事故発生時のメカニズム及び防止対策 ④二輪車の安全運転ポイント(昨年同様)について説明しました。

 受講者の方々や先生方につきましては、受講中大変熱心に講話を聞いて頂き、誠にありがとうございました。 また、今回の講話を聞いて下さった受講者はもちろんですが、それ以外の生徒や先生方の交通事故が1件も起きない事を願っています。 来年も高専の交通安全講話の担当者様から依頼があれば、お役にたちたいと思っております。 よろしくお願いしま~す!

 

【当日の様子】

   

 

アートビジネスサプライ株式会社

 

【交通安全講話 H29年度前期】

 

 3月24日(金)に『当校(第2教室)』にて、交通安全講話(50分)を行いました。

 対象者は、社長様をはじめ従業員14名で、春の交通安全運動の一環として『危険を予測した運転』についての講話を行いました。

 当日の内容は、①交通事故発生状況(平成28年中) ②事故の種類(対物、自損、人身) ③事故多発場所(交差点事故動画) ④事故要因(認知ミス、覚低走行) ⑤ブレーキの掛け方(ABSについて) ⑥正しい運転姿勢(動画) ⑦ハインリッヒの法則 について説明しました。

 講話終了後の質疑応答では積極的に質問されるなど、大変有意義な講話となりました。 また、講話終了後は、来年もこの様な講話を計画させてもらいたいと担当者の方から申し出がありましたので、依頼があれば積極的に実施させて頂きたいと考えております。

北越紀州製紙株式会社(長岡工場)

 

【交通安全講話 H28年度後期】

 

 12月7日(水)・13日(火)・16日(金)・22日(木)に『北越紀州製紙 長岡工場(事務所会議室)』にて、交通安全講話(1時間)を行いました。

 対象者は、従業員(関連会社含む)331名で、時期的なものもあり『危険を予測した運転、冬期の安全運転』についての講話を行いました。

 当日の内容は、(1)危険を予測した運転[ ①交通事故発生状況(平成27年中) ②事故の種類(対物、自損、人身) ③事故多発場所(交差点事故動画) ④事故要因(認知ミス、覚低走行)]、(2)冬期の安全運転[①スタッドレスタイヤについて  ②路面の種類(8項目) ③ブレーキの掛け方(ABSについて) ④正しい運転姿勢(動画) ⑤ハインリッヒの法則]について説明しました。

 講話中は、皆さん各内容をうなずきながら大変熱心に聞いており、今後の安全運転に少しでも役立てて頂ければ幸いです。

 

【当日の様子】

 

東北電力株式会社(長岡営業所)

 

【交通安全講話 H28年度後期】

 

 11月30日(水)に『東北電力 長岡営業所(大会議室)』にて、交通安全講話(1時間)を行いました。

 対象者は、営業所長様をはじめ従業員80名で、時期的なものもあり『冬期の安全運転』についての講話を行いました。

 当日の内容は、①交通事故発生状況(平成27年中) ②滑りのメカニズム ③路面の種類 ④走行前の準備・走行中の注意 ⑤正しい運転姿勢の大切さ ⑥冬期の事故事例(動画)について説明しました。

 講話終了後の質疑応答では積極的に質問をされるなど、大変活気のある講話となりました。

 

【当日の様子】

 

長岡西中学校

 

【交通安全講話 H29年度前期】

 

 4月28日(金)に『長岡西中学校』にて、交通安全講話(3回目)を行いました。

 講話のテーマは『登下校中の事故防止(歩行中、自転車乗車中)』についてお話させて頂きました。

 今回担当させて頂いたのは“茨木(雅)&五十嵐”ペアー、役割分担は“茨木(雅)”が講話で“五十嵐”がスクリーンを担当となりました。

 全校生徒(1年生~3年生)約600人と言う大人数を前に、大型プロジェクターを使用し動画なども交えながら、①自転車及び歩行中の事故の実態 ②自転車の交通ルール ③加害事故の責任 ④自転車の保険(TSマーク) ⑤事故の時の対応 などについて40分ほどお話させて頂きました。

 講話開始前は緊張感がありましたが、講話が始まると徐々に緊張もほぐれリラックスした雰囲気で行うことができました。

 又、西中の生徒さん達も講話中は真剣に話を聞いてくれ、講話後の質疑応答では質問がでるなど、大変熱心に受講して頂きました。 後日、受講後のアンケートも結果もいただきましたので、今後に活かしていきたいと思います。

 西中学校では学校独自の取組みとして自転車の点数制度なども行っており、交通安全にとても熱心に取り組まれています。 今回の講話がその取組みと合わせて登下校中の事故防止に少しでもと寄与すればと願いつつ報告を終了させて頂きます。

 

【当日の様子】

交通安全教室【H29年度前期】

子供達のヒーロー「文化レンジャー」が

交通安全教室にお伺いました!

 

5月9日(火)西部保育園【4回目】(園児約60名)

春のシーズン最初の交通安全指導になりますが、西部保育園様での交通安全指導は通算4回目と

言う事もあって園児達にもすっかり認知されてきたなぁと思います。

 

司会が茨木雅指導員から間指導員に変更になって初めての講演でもありましたが、

いざ始まるとさすが間指導員!見事な名司会者ぶり!

園児達を見事に仕切り、信号横断歩道の正しい渡り方や交通安全クイズなど

初めてとは思えないほど手際よく進め無事講演も終了。

 

終了後、西部保育園様からまた来年もとありがたいお言葉も頂きました。

 

次回の「文化レンジャー」の交通安全指導は9月の予定です。

今回、伺わせて頂いた幼稚(保育)園様の園児さん達の無事故を願いながら、

報告を終了させて頂きます。

 

交通安全教室【H28年度後期】

 5件の交通安全教室に伺いました!

 

 ① 9月9日(金)柏保育園【4回目】(園児75名)

 ② 10月4日(火)希望が丘幼稚園【9回目】(園児95名)

 ③ 10月5日(水)新保保育園【3回目】(園児約170名)

 ④ 10月2日(月)いなば保育園【3回目】(園児約150名)

 ⑤ 11月11日(金)栃尾天使幼稚園【1回目】(園児約60名)

 

 平成28年度【後期】の幼稚園交通安全教室は、栃尾天使幼稚園様が初参加でした。 どの幼稚園や保育園の園児さん達も初めは緊張されていた様子でしたが、徐々に慣れ積極的に参加して頂きました。 私達スタッフもその園児さん達の様子を見て、リラックスしながらも楽しく交通安全教室を行う事が出来ました。

 実施内容と致しましては全ての園様で、以前園児の事故原因としても多い[歩行者用信号の意味と渡り方]と[その他の交通事故防止に関するクイズ(6問)]について行いました。

 今回、伺わせて頂いた幼稚(保育)園様の園児さん達の無事故を願いながら、報告を終了させて頂きます。

柏保育園様 当日の様子】

 

 

希望が丘幼稚園様 当日の様子】

 

 

新保保育園様 当日の様子】

 

 

いなば保育園様 当日の様子】

 

 

栃尾天使幼稚園様 当日の様子】

新潟県聴覚障害者協会

 

【交通安全講話 H28年度前期】

 

 5月29日(日)に『長岡市社会福祉センター』にて、交通安全講話《手話通訳者つき》(1回目)を行いました。

 対象者は、主に青年(10代~30代)の聴覚障害者9名で、免許保持者と免許無保持者に対し行いました。 今回の様な聴覚障害者に対する講話を行うのは初めての事なので、実際に講話を行うまでは手探り状態での準備となりました。

 当日は手話通訳者が1名付き、講話の内容を同時通訳して頂きました。 内容といたしましては、①交通事故の実態 ②自転車乗車中の事故(事故事例動画) ③自転車の交通ルール(法改正含む) ④歩行中の事故(事故事例動画) ⑤事故時の対応(聴覚障害者用対話式メール等)について説明しました。

 講話終了後には質疑応答を行いましたが、皆さん様々な質問を積極的にされ講話内容を再確認されていました。 まだまだ聴覚障害者に対する安全確保が十分ではない中、事故を起こさない・事故に遭わない方法を工夫しながら日々の生活を送って頂ければ幸いです。

【当日の様子】

ud 聴覚障害者交通安全講話① ud 聴覚障害者交通安全講話②

 

長岡工業高等専門学校

 

【交通安全講話 H28年度前期】

 

 4月6日(水)に『長岡工業高等専門学校』にて、交通安全講話(午前の部)と(午後の部)を行いました。

 午前の講話(30分)は今回が初めてで、H27年度までは警察の方が行っていたそうです。 講話対象者は、全校生徒(1年生~5年生)約1000人と言う大人数の中いつもと違うプロジェクターなしでの環境で、講話者の緊張は結構なものだったそうです! 講話内容といたしましては、【自転車の安全運転】について簡単な資料を1枚使用し、①自転車事故の実態 ②自転車の交通ルール ③加害事故の責任 ④自転車の保険 ⑤事故の時の対応について説明しました。 最初は緊張していた講話者も徐々にリラックスした雰囲気で行え「ホッ」としたそうです。

 午後の講話(60分)は今回で3回目で、バイクや自動車で通学する生徒約60人を対象に【二輪と四輪の交通事故防止】について、いつも通りのプロジェクターを使用し視覚効果を利用しながら行いました。 講話内容といたしましては、①交通事故の実態(統計) ②交通事故の特徴 ③交通事故発生時のメカニズム ④若者の主な事故原因と防止対策(事故事例動画使用) ⑤二輪車の安全運転ポイントについて説明しました。 午後の講話受講者は、講話受講後に《通学許可証》が発行されると言う事もあり、午前中の講話から引き続きにも関わらず大変熱心に受講されていました。

【当日の様子(午前)】

ud 高専交通安全講話(午前)① ud 高専交通安全講話(午前)②

【当日の様子(午後)】

ud 高専交通安全講話(午後)① ud 高専交通安全講話(午後)②