新潟県聴覚障害者協会

 

【交通安全講話 H28年度前期】

 

 5月29日(日)に『長岡市社会福祉センター』にて、交通安全講話《手話通訳者つき》(1回目)を行いました。

 対象者は、主に青年(10代~30代)の聴覚障害者9名で、免許保持者と免許無保持者に対し行いました。 今回の様な聴覚障害者に対する講話を行うのは初めての事なので、実際に講話を行うまでは手探り状態での準備となりました。

 当日は手話通訳者が1名付き、講話の内容を同時通訳して頂きました。 内容といたしましては、①交通事故の実態 ②自転車乗車中の事故(事故事例動画) ③自転車の交通ルール(法改正含む) ④歩行中の事故(事故事例動画) ⑤事故時の対応(聴覚障害者用対話式メール等)について説明しました。

 講話終了後には質疑応答を行いましたが、皆さん様々な質問を積極的にされ講話内容を再確認されていました。 まだまだ聴覚障害者に対する安全確保が十分ではない中、事故を起こさない・事故に遭わない方法を工夫しながら日々の生活を送って頂ければ幸いです。

【当日の様子】

ud 聴覚障害者交通安全講話① ud 聴覚障害者交通安全講話②